アトピーに乳酸菌サプリは効果がある?副作用は?

乳酸菌は大丈夫でも乳製品は危険?

アトピーの方で牛乳や卵に反応する方は多くおられますが、これはカゼインタンパク質などの動物性タンパク質が原因と考えられます。

このような人は、乳酸菌自体に問題があるというよりも、乳製品そのものが問題になる場合があり、ヨーグルトなどの摂取にも気を付ける必要があります。また、アトピーの症状でなくても乳製品に含まれる乳糖で下痢の症状を起こす人もいます。

 

動物性タンパク質と植物性タンパク質

タンパク質は大きく分けると動物性タンパク質と植物性タンパク質分けることができます。
・動物性タンパク質:ホエイ・カゼイン(牛乳に含まれる)・卵白
・植物性タンパク質:大豆タンパク・小麦タンパク

 

植物性乳酸菌は醤油や味噌、漬け物から摂取出来ます。アトピーの症状の方が、乳製品をやめて和食にすることで劇的に改善することもあります。

 

乳酸菌は腸内環境を整えるはたらきがあり積極的に摂取したいところですが、乳製品にアトピーの原因がある場合には、植物性乳酸菌を意識して摂取することが大切です。

アトピーには乳酸菌サプリメントの摂取、腸内環境の改善が効果的

review_5.gif

アトピーの方は治療のために、ステロイドの塗り薬や抗アレルギーなどの内服薬を使用するのが一般的ですが、

 

「薬に頼らない生活を送りたい」
「副作用が心配」

 

とお考えの方も多いと思います。

 

アトピーには治療が必要ですが、治療をするにしても我慢できない時にだけ薬を飲むようにするなど、できるだけ薬に頼らない生活を送りたいはずです。

 

そのためには、毎日の食生活を見直していく食事療法による腸内環境の改善が一番に考えられます。食事療法と言っても基本となるのは和食と中心とした食事を心掛けることになります。

 

乳酸菌をより多く摂ることで腸内環境を改善していくのです。食事療法による乳酸菌の摂取が難しい方や足りない乳酸菌はサプリメントで効率よく摂取することをおすすめします。

 

乳酸菌サプリメントは薬ではありません、栄養補助食品です。ですから、副作用の心配はありません。
しかし、医薬品ではないため即効性に期待しすぎることはできないことには注意が必要です。継続して飲み続けることが必要です。

 

乳酸菌は生きたまま届く方が良いと言われていますが、死んでしまっていても乳酸菌自体が腸内細菌のエサとなるため腸内環境の改善に役立ちます。

 

アトピーの治療に腸内環境の改善のすすめ

腸内におよそ100兆個も生息しており、200種類以上あると言われる腸内細菌には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があります。その中の善玉菌が優位な状態を作ることで免疫力アップの効果が期待できます。アトピーで悩む人は、腸壁のダメージや腸内環境の悪化が原因の免疫力の低下が影響していると考えられています。そこで、善玉菌を増やし免疫力を高めることが必要になってきます。

 

また、アトピーをはじめとする病気のほとんどに腸内環境が関係していることがわかっています。
花粉症や便秘、肌荒れなどの原因も腸内環境の悪化であることがほとんどです。

 

乳酸菌サプリメントを使うことで腸内の善玉菌の割合を増やし、腸内環境を整えることが出来るので、アトピーに乳酸菌サプリメントは効果があるといえます。

 

本当に効果のある乳酸菌サプリメントはこちら酵素乳酸菌ユーグレナ

酵素はアトピーに効果がある

アトピーを改善させるためには、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることが大切だということは説明しましたが、ヨーグルトなどから乳酸菌をたくさん摂取すると、乳糖とよばれる成分を分解する必要が出てきます。

 

その分解に必要なものが酵素です。

 

しかし、大人になると酵素を体内で十分に生成することが出来ず、ヨーグルトなどを食べても分解することが出来ずに、逆に腸に負担をかけることも考えられます。

 

そこで足りない酵素を補う必要があるのですが、野菜やフルーツ、味噌や納豆などの発酵食品、などに酵素が多く含まれています。
しかし、酵素は熱に弱いため48度以上になるとそのはたらきがほとんどなくなってしまいます。

 

ですから不足した酵素は、活性酵素を含む酵素サプリで効率的に補うのがよいといえます。

 

腸内環境を整えるための乳酸菌・活性酵素、そしてそれらのはたらきをより活発にしてくれるサプリメントを摂取するのが一番です。

乳酸菌+活性酵素+ユーグレナの最強サプリメント酵素乳酸菌ユーグレナ